マギアレコード(マギレコ)のOPアニメを担当するシャフトとは?

前回はマギアレコードを開発している会社、「f4samurai」について書いてみたので、今回はOPアニメーションというところにクレジットされている「シャフト」について書いてみようと思います!

シャフトって?

シャフトとは、知る人ぞ知るアニメ制作会社です。
あまりアニメに馴染みの無い人からすれば聞き慣れない会社名かもしれませんが、アニメフリークスからすればおそらく知らない人は居ないであろう会社ですね!

 

主な作品

有名なところで言うと、『魔法少女まどか☆マギカ』『物語シリーズ』『ひだまりスケッチ』『さよなら絶望先生』等があり、ヒット作を数多く手がけています。
作品のほとんどを新房昭之氏が監督しているという事も知られていますね。



 

実績

2011年に制作した『魔法少女まどか☆マギカ』は記録的なヒットとなり、『Newtype×マチ★アソビ アニメアワード2011』において、監督賞・作品賞など14冠を達成しています。

 

「マギレコ」ではOPアニメーションを担当

マギアレコード公式サイトに掲載されているクレジットにもあるように、マギレコではOPアニメーションを担当しています。
ただ、マギレコがスマホゲームであるとしても随所でアニメのムービーは入ってくるので、おそらくそのパートもシャフトが担当しているのではないかな?と予想出来ます。

 

アニメーション制作に関して定評のある制作会社の1つであるシャフト。
シャフトがゲーム全体のムービー部分を担当するならば、新作アニメ並のムービーになるのでは無いかな?とかなり期待できますね!

ゲーム部分だけでなく、アニメ部分でも楽しめそうな「マギアレコード」!
とりあえず待ちきれない気持ちが最近強くなってきているので多少の情報だけでも欲しいところです(笑)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。