「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」にかつて幻の魔法少女が!マギレコに登場したり?

かなり前の話になりますが、「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」の公開前に”とある魔法少女”が登場するのでは?という噂がネット上で拡散されたのをご存知でしょうか?

 

幻の魔法少女「神名あすみ」

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」は今回のマギアレコード(マギレコ)と同じく、公開ギリギリまで情報や内容が伏せられるという戦略が取られていました。
その事を利用し、インターネット上の有志達により
「架空の魔法少女を創ってまどマギファンを釣ってみよう!」
という計画が動き出したのです。
最初はおふざけ程度のものだったのかもしれませんが、ネット上で会議や相談を重ねていくうちにどんどんクオリティアップしていったのです。

 

初期のビジュアル

 

真実味を持たせる為に偽のインタビュー記事まで!

――武器はどのようなものを?
剣に代表される「正義の味方」が使いそうな武器ではなく、見た目通り悪役がつかいそうなものとしてモーニングスター、つまりメイスをチョイスしました

――なるほど、確かに凶悪ですね

でも実はメイスというのは聖職者が愛用していた武器でもあるんですよ

――『不幸』を撒き散らす魔法少女が聖職者と同じ武器ですか
ええ、ストレートな皮肉もありますが、何より「まどか☆マギカ」において耳触りのいい言葉を発する存在はあまりいいものとは言えませんから

――インキュベーターとか、杏子の父親とか?

そうですね

――なるほど、杏子との絡みが楽しみですね

まどかが概念となるまで他人が知り得なかった暁美ほむらの本心を読むことで、本編では成せなかった「暁美ほむらの否定」をするキャラとして彼女は存在しています
――暁美ほむらの否定、ですか

本編でほむらは最後の最後まで自分のことを話していませんから、賛同されることはなかった
その代わり、真っ向から否定されることもなかったわけです

――「おりこ☆マギカ」における主人公の美国織莉子と暁美ほむらの関係みたいなものでしょうか?

イメージとしてはその通りですね
あれを読ませてもらったとき「まあそうなるよな」、と変に納得してしまいましたから(笑)

――自らの行動を否定されて、ほむらはどう動くのでしょうか?

自分を客観的に見直すいい機会になるでしょう
最終話でキュゥべえに自分のことを話したのも、それがあってのことです

――最終的にあれへと繋がるわけですか、うまくできてますね

正体不明の魔法少女に自らの行いを否定されることで、自らのループの意味や、鹿目まどかへの想い
そして美樹さやか、巴マミ、佐倉杏子とどんな関係でいたかったのか
何よりも、魔法少女として自分はどうありたいのか、をほむらは再度悩むことになります

――ほむらの本心が、明かされて行くと?

その通りです、本編やゲームにおいても説明されなかったまどか抜きの「ほむら個人」が何を考えているのか、が三作を通じて明らかになります

――最終的に彼女は、何かを得るのでしょうか?

はい、もちろんです
その上で、再度世界と、魔法少女と向き合うことになります

――「数えるのを諦めるほどの繰り返し」の中で彼女が目を逸らし続けていたものと向き合うことになるわけですね

そうです、そこから「魔法少女 ほむら☆マギカ」が始まります

――非常に楽しみですね。外伝がこう関わって来るとは

その外伝ですが……実は

――実は……?

これ以上は、劇場で(笑)

――そんなのってないよ!(笑)

かなりクオリティが高いですよね(笑)
これが偽のインタビューだとは最初は誰も思わなかったんじゃないでしょうか?
現在ではもう偽物と分かっているインタビュー記事なのに、それでも管理人はしっかり読んでしまいましたよ(笑)

 

そして、ビジュアルの完成形

 

神職人による「新キャラ」の記事が完成する

 
 
実際に雑誌に載っている記事を携帯のカメラで撮影したような画像(笑)

 

まとめ


ここまでされてしまうと、信じる他無いような感じですよね!
ネット上の人達の本気度はかなりすごいという事を感じさせられました。

「神名あすみ」は存在自体しない魔法少女ですが、すでにファンの間では準公式キャラとなるほどの人気っぷり。
まどマギのシナリオライター:虚淵玄さんも認知?しているほどです(笑)

これほど人気がある非公式キャラですが、マギアレコードに少しでも登場したら…それはそれでかなりの話題になりそうですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。